軽キャンパー.comの軽キャンピングカー ドリームミニオプション外部入力一式の説明

軽キャンパー.com

軽キャンピングカー【ドリームミニ】には、様々なオプションが用意されています。キャンパーライフの定番からアイデア満載の軽キャンパー.comオリジナルまで、使用目的によって自由にパワーアップさせられます。車外からAC100V電源を引き込めるとともに、サブバッテリーの充電もできるこの「外部入力一式」は、非常に人気の高いオプションで、バリュー装備の1つとしても数えられています。

ホームドリームミニについてオプション外部入力一式(バリュー装備)

★オプション 外部入力一式(バリュー装備)とは?★

1. 概要

価格(税込) バリュー
60,480円

 「ドリームミニ」をご注文される際、まずは「Aタイプ=もっとも広い就寝スペース」・「Bタイプ=シンク&シャワー付き」・「Cタイプ=本棚・CDラック付き」の基本装備三種類の中から、目的に合った内装レイアウトのタイプを選んでいただきます。

 その後に個別オプションを追加で選択して、お好みに合わせて「ドリームミニ」をパワーアップさせるのが通常のオーダー方法です。それら個別オプションはレギュラーとしてラインナップしているだけでも全部で16種類にのぼりますが、中でも高い支持を得ているのがこの「外部入力一式」です。(「外部入力一式」の「一式」とは、サブバッテリーチャージャーと専用のコード、そして車載家具に設置するコンセント(メス)の三点セットことです)

 また、その用途の多様さと重要さゆえに、「バリューパッケージ」に装備させる5種類のオプションのうちの一つとしても数えられています。

ページトップへ

2. 車内で家電が使用できる

 車で使用される電気は、すべて直流のDC12V(トラックなどはDC24V)です。走行充電によりサブバッテリー蓄えられた電気もDC12Vなので、そのまま使用しては電子レンジやドライヤー、パソコンといった交流AC100Vを電源とする家電類は作動しません。

 そこで登場するのがこの「外部入力一式」です。リアナンバープレート横のプラグにつなげた専用コードを、RVパークやオートキャンプ場に設置された電源供給設備、あるいはポータブル発電機などに差し込めば、車内にAC100Vを引き込むことができます。

 ちなみに、同様に車内で家電を使用するために用いられるオプションに、「1,800W DC/ACインバーター」があります。ただし、こちらは「サブバッテリー」に蓄電済みのDC12VをAC100Vに変換するツールですので、当然その容量には限りがあります。

ページトップへ

3. サブバッテリーも充電できる

 「外部入力一式」の中には、「サブバッテリーチャージャー」も含まれています。ゆえに、外部入力のコードを外部のコンセントに差し込むだけで、自然にサブバッテリーがチャージされます。過充電防止など各種安全装置を備えていますので、お出かけ前夜にお家のコンセントにつなぎっぱなしにしておけば、翌日には自動的にサブバッテリーは満充填されています。

ページトップへ

4. バリュー装備として

 人気のオプション「電子レンジ」を選択されたお客様には、その電源(AC100V)確保のため、合わせてこの「外部入力一式」、あるいは「1,800W DC/ACインバーター」を取り付けることをお勧めしています。

 なお、「ドリームミニ」のお得なパッケージプラン「バリューパッケージ」を選択された場合は、「外部入力一式」と「1,800W DC/ACインバーター」の両方がシステムに組み込まれますので、まさに鬼に金棒です。電源供給設備が設置されている場所では家電の使用とサブバッテリーチャージのために「外部入力一式」を利用し、周りに人工物のない大自然の中では「1,800W DC/ACインバーター」を用いてサブバッテリーに蓄電済みのDC12VをAC100Vに変換して使う。上手に使いこなせば、クルマ旅の期間中に電気で悩むことはなくなるでしょう。

軽キャンパー「ドリームミニ」全般に関して詳しく知りたい方は、 軽キャンパー ドリームミニ についてをご参照ください。

ページトップへ